HPK

Rosenberger HPKコネクタシステムは、最大1000Vで275A(85℃)の電流に対応するコネクタシステムです。

優れた耐振動性および電流容量性能を備えたHPKコネクタは、バッテリ、インバータ、PDU間の接続などの 一般的な高電圧電気自動車アプリケーションに最適です。

1極~3極のコネクタを用意しており、4種類の異なるケーブルサイズ、銅ケーブルおよびアルミニウムケーブルで使用可能です。


製品ラインナップ

  • ケーブルコネクタ(180°、90°)
  • ヘッダーコネクタ(HVIL設定:有り、無し)
  • 極数(1極~3極)
  • ケーブルアセンブリー品
  • 計測用カプラー
  • キャリブレーションキット

一般仕様

  • 電流容量(50mm2):270 A(85℃下)
  • 使用電圧: DC1000 V
  • 試験電圧: DC3200 V
  • 温度範囲: -40℃ ~+140℃
  • IPクラス(嵌合時): IP6K9K / IPX8 / IPXXD
  • IPクラス(未嵌合時): IPXXB
  • 振動クラス: LV215 PG17-II
  • 挿抜耐久性: ≧50回
  • 適応ケーブル断面: 16mm²、25mm²、35mm²、50 mm²

特徴

  • 広範囲での用途
  • 車載要求の高温・耐震性能に適合
  • シンプルな組み立て構造により、組立てスピードアップと高品質を実現
  • HVIL(High-Voltage Interlock)あり・なしを選択可能

HPK測定

RosenbergerのHPKテスト&測定ソリューションは、高電圧自動車ネットワークのEMC性能確認用ツールを提供しています。

当社のHPK測定用カプラー、専用のキャリブレーションソフトウェア、キャリブレーションキットを使用して、EMCの影響を高精度で確認することができます。

HPK測定カプラー

新開発のHPK測定カプラーは、RF電圧と電流の信頼性を測定するためのminimally invasive試験方法を可能にします。 専用のキャリブレーションプロセスと組み合わせて、特許取得済みのアルゴリズムがキャリブレーション基準面のRF電流と電圧を正確に計算します。 さらに信号成分はカプラーによって抽出される為、テスト中のハーネス性能を損なうリスクはありません。 防水性と堅牢性を備えた設計によりあらゆる環境条件下でテストを実行できます。 

HPK 校正キット

HPK 測定カプラーには校正データが含まれていますが、オプションのHPKキャリブレーションキットも用意しています。

RCTDソフトウェアと組み合わせることにより、校正要件を管理することができます。

RCTDソフトウェア

Rosenberger Calibrated Time Domain Software (RCTD) は、EMC 関連の自動車用高電圧測定機能を強化するために開発されました。

RCTDソフトウェア内では、高電圧カプラーを使用してオシロスコープでキャプチャされた時間領域データが後処理され、高電圧パワートレイン内の所定の校正面における高周波電流および電圧が計算されます。


使用用途例

  • バッテリー
  • インバータ
  • PDU間の接続

Rosenberger Series Code H4


Product Overview and Resources